1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2019年09月11日

今日の気づき。

昼食後の時間

知り合いの新しいお店に顔をだす。

郊外のアミューズメントエリア

駐車場は
ほぼ満車状態
停めるのに、ひと苦労。
目的のお店前の駐車スペースには
店名の書かれたパイロンが置かれてました。

なんで、
こんなに車がいっぱいなのか?
聞いてみた。

理由は
同じ施設にある
麻雀のお店のお客さんとか。

今では、
麻雀店が
リタイア世代の方々の集合場所なんだそうだ。

マージャンをしないので
お店の料金とか分からないですが
集客力があり繁盛されているんだそうだ。

そーいや

この前

とあるクラブの随分歳上の先輩から

今日はマージャンの日

15時に集合!ってな

間違い連絡が届いてましたね。

直ぐに
しょーもない連絡してもた
ゴメンね。と、電話連絡がありました。

そんな
ターゲットを絞った商売が
アナログ世代には支持されてるんだそうだ。

今は、そんなお店が
販促費を使わずに
アナログ世代の方々を集客されてるらしい。

田んぼや畑を持ってはる方々は
若い頃、現役時代は敬遠してた
野良仕事に夢中になるらしいですが

街中の方々は、違うらしい。


ITの真逆

一番
時間とお金を持て余してはる世代は
そんなアナログ的な場所を求められるらしい。

これからの地方商売に
何かヒントが
ありそうですね。


そんなこんなで
父親世代の方からの仕事のご相談

私の場合
新しい世代に移らずに
そんな世代仕事を承継したので
若い方々より
そんな世代の方々からの想いの相談が多いのですが

今回の相談は

時代が変われば
人も変わる

そんな
変わる方々に
どちらが
その次の世代に想いを伝えられるか?

それが
答えですかね。

古い方が引かないと
その次の世代に繋ぐ事が
出来ませんよね。

この世代の方々に好まれるけど
そんな事が言えるからかな。
だから、儲からないんでしょうね。
posted by 嶋津 眞治 at 22:21| 日記

2019年09月10日

祝!200号

版画家 岩田健三郎さんの
週刊へらへら通信
EC9F2BF6-1D01-438C-9CEA-F8E1C5E060C7.jpeg
http://www.hera-hera.net/
記念すべき200号とか。

おめでとうございます。

私じゃなく
畑の様子を
時々
紹介してくださってます。
posted by 嶋津 眞治 at 19:03| 日記

2019年09月09日

今年のスローな縁日は、11日水曜日

CBBE5D88-D6CC-4897-8216-46B59846AE29.jpeg

第13回
スローな縁日は
姫路護国神社にて

9月11日水曜日
開催です。
posted by 嶋津 眞治 at 22:12| 日記

甑島。なんと読むの?

前を通る度

離島のイメージ写真が
店頭の外観にあって気にしていた所

父さん世代
集団就職で
関西に来られたとか。

鹿児島の離島
甑島。

柳田國男さんとか
昔話をまとめられたり

漫画やアニメやドラマの題材になった場所。

甑島。

読みは


たぶん

宍粟市より難しいけど。

漢字をしってる人しか読めないけど




こしきしま。


じま

じゃなくて

今では

正式には

しま。

島の読みが

じま

じゃ無くて

しま。

そこは
どーでもよくて

その前の





読めないですよね。



九州の離島とか
沖縄の離島とか

過疎地には
大昔からの日本の神のいい伝えや

平家落人伝説が付いて回りますね。

この島もそう。

日本書紀当時

昔は読めてた漢字だったのに

今では

甑島

過去
いろんな漢字の
書き方があったようですが

いまでは

国土地理院が
正式の読みにしているのは


こしきしま。

じま

では無く

しま。


大阪や関西には
ある当時
集団就職で来られた方がたくさん。

加古川には
そんな出身地
離島を

店名にしたお店も沢山ありますね。


それが
姫路じゃない
加古川の面白さ。


posted by 嶋津 眞治 at 21:23| 日記

2019年09月08日

たった2時間の野良仕事で、へばった日。

4BD37E6F-C2A8-467D-A326-E966E789BD81.jpeg

DE8951C1-AAC1-4371-BBEB-D6DF3BA79E83.jpeg

53E40698-DB04-4907-B6AB-5A3A5FE26A36.jpeg
たった
2時間の労働

はじめて30分ほどで
水分補給の為ピットイン。

井戸水を頭から浴びて
復帰するも
たった2時間の野良仕事で
ばててしまった日。

那覇マラソンは
私達にとって
季節ハズレの
こんな日に6時間走らなくては
完走出来ません。

そんな日の
空は真夏。

陽が暮れてからは
井戸水を浴びたせいか
濡れた衣では
涼しさを感じる季節。

AF8D3ADB-E018-4B63-8905-C86E9B34C59A.jpeg
コサギの群れが田んぼに来てくれてます。

9A332116-BBAA-4FDD-8AD1-263044F39D06.jpeg

イベント用の干瓢。

サイダーとかキリンビールとか
瓶のダースが
配達されてた頃が懐かしい。

子供の頃は
氷を詰めたコップでサイダーを一気飲みしていた頃が懐かしい。

そんな
配達とか
注文とか
そんな地域の繋がりの商売
アナログ仕事が
地域を繋いでいたんでしょうね。
posted by 嶋津 眞治 at 19:25| 野良仕事&スローライフな日
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ