1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2017年06月15日

水が来ました!

IMG_0223.JPG
昨日の午後から用水路に水が来てます。


水の流れの音がある暮らしが
始まりました。

気持ち良い朝でした。

IMG_0224.JPG

IMG_0225.JPG

そんなこんなで

波の音が聞こえる暮らしにも
憧れますが・・・・
posted by 嶋津 眞治 at 15:09| 休耕田復活への道2016&我が家の畑

2017年06月14日

バス広告

スクリーンショット(2017-06-14 19.16.34).png

最近、問い合わせが続いてる神姫バスさんの後部ラッピング広告

姫路営業所さんのバスは
姫路市さんの自治体規制があるので広告は出来ませんが


姫路に乗り入れてる
山崎営業所所属のバスは広告可能です!

おすすめです!

気をつけないといけない事は、

デザインがバスの所属営業所のある自治体の屋外広告物審査があるのと

一年未満の掲出の際は
ラッピングシートの剥離費用4万円(実費)が必要なので

1年以上の契約で
予算組&デザインを考えられた方が絶対お得です!

年間予算
デザイン費別
バス後面ラッピング制作費¥230,000

掲出12ヶ月で、¥420,000お手頃価格で、おすすめです!
posted by 嶋津 眞治 at 21:12| 広告展開にプラス企画情報

2017年06月13日

本気の想いは、繋がってくれますね。


若い頃

姫路は、
神戸や大阪や東京じゃなく

岡山とか鳥取の商圏と
もっと組めると考えてました

もっと組むべきだと考えてました。

広告で、
もっともっともっと
その距離を近くする事が出来ると走りまわってました。

残ったのは
民間レベルでは、蚊がさしたレベルの爪痕と

その時お付き合いいただいた岡山と鳥取の同業者さん

これは、今でも有難い。


苦い思い出が沢山ですが
走りまわった経験値、財産です。


今回
あらがじめ予算はないけどやらないといけないとあるイベントの企画プレゼン

仕事にならないけど
過去の仕事の使い回しでよいから出してよっていわれた案件

そんな方法なら辞退します!

出すからには
楽しい事、やりたい事を選択しないとね

岡山や鳥取より

もっと離れた新規企画

熊本城企画を予算オーバーで、ぶつけてみた。

どーでもよければ
出さなくてよいけど、

やりたい仕事になるよう、気持ちいい仕事になるような、これから、もっと発展、繋がれそうなアイデア

姫路の城下で
行政のポスターやパンフレットの展開だけじゃなく、人との交流、民間レベルの交流、商業での交流、お城のもっともっとの交流を目指して!

お城の観光客
一番と二番が手を組めば最強になる!

そんな熊本城さんが大変な時


行政だけじゃなく
民間レベルでも
商業レベルでも

大改修の間
あの手この手で観光客さんを惹き付けた姫路城は、


熊本城ともっと手を組んで
姫路城より大変な復興のお手伝いをさせていただかないとね。


そんなアイデアを

採用していただけました!
本来なら
姫路のプレゼンなら
ガチガチに仕上げた案と見積りを書くのですが

今回は
アイデア出しの企画だけにしました


こんな事を考えて、取り組みましょう!てな案

勿論、行政にも同業者さんにもパイプは作ってましたが。


提出してから
忘れた頃に採用の連絡をいただけました。

ほんま、ありがたい。


本気の想いは、繋がってくれますね!


そんなこんなで

発表は、晩秋です!

これからが大変です

まずは、
熊本行って、本気の想いを本気で繋げないとね。


IMG_0212.JPG
弊社制作じゃないですが
街中のポスター

この想いを
民間、商業レベルでも実現しないと

予算が無いなら
合わせ技一本!

気持ち良い仕事を目指そう!

手に入れたから
いえるのですが

さぁ
想いを繋げに
熊本へ行ってこよう!

まずは、予算の無い活動から・・・・
posted by 嶋津 眞治 at 22:36| 日記

凄いヤツが入荷してました!

スクリーンショット(2017-06-13 18.50.24).png

大久商事さんとこのファームマートさんに顔出し

近隣地域が田植えシーズンとあって、
田植え機のレンタルの相談でのご来店が増えてるみたいです。

農機具の業界も変わってきましたね。

入荷はタイミングなんで
みてると面白いですね。


IMG_0210.JPG
凄いヤツが入荷してました!

IMG_0211.JPG
精米機もコイン精米所ごと。

毎日行っても楽しそうで、


週一回、広告の仕事しながら店番するんで専用の机用意してくださいよって
いってるのですが、

まだ実現してません・・・。
posted by 嶋津 眞治 at 19:08| 日記

2017年06月12日

商品ブランドシール

IMG_0207.JPG
瞬く間にシールがなくなればいいんですが

そんなことになったら
色んな事が大変すぎますね・・・。

それは
まだまだ夢話

そんなこんなで

人口約400人
高齢化率4割りを越える
離島を除けば全国最小の四国の村では、

議会を廃止して村総会を検討してるんだとか

そんな時代

こないだ隣に座った頑張らざるを得ない人は、


頼まれて親父さんが順次引き受けてた、過疎村内の計4町(田んぼ40枚)の田んぼで、稲作をされてるんだとかで、

この時期は、早朝から働いて本業の会社へ出勤するのがお昼を越えてかららしい。


隣村の方に預けてた田んぼが、順次持ち主さんに返されて、こーなってしまったんだとか

村に住み続けながら
会社を経営してるので、みんなから頼まれて

利益より
村の悩み事解決優先で、持ち出しらしい。

そんな話をしてたら


周りの反対やクレームやルールやらを押しきって太陽光パネルを置くか!村に寄付するか!税金を納めず放棄する!と、いってた田舎育ちの経営者さんは

田舎の田んぼをやっと
やってくれる人が見つかったといってはりました

みんな真面目に考えてます!

そんな会話を頷きながら聞いていた

その隣のもっと若い世代の経営者さんは、田舎に1町(田んぼ10反)持っていて、どーするべきか頭を抱えてるらしい

※田んぼ1枚平均1反300坪、990u

一町 一反×10枚
人町=10反=3000歩=100畝


みんな田舎をどーすべきか?悩み事はいっぱいです!

みんな
田舎が好きで、大事にしたいのが本音


補助金やら地方創世やら
今から取り組む人の為だけじゃなく、ビジネス的な発想も大事ですが

それだけを元にしてるんじゃなく

今まで
本気で取り組んでた人への村や地域が推薦した人へ贈る奨励金とか褒賞金制度って、出来ない物なんですかね

5年後、10年後
こんな政策を発表するとか

その方が日本人的な発想だと考えるのですが・・・

今、流行りの
新規契約、取り組みのメリットじゃなく

取り組んで来たことへのメリット


本来の販促手法に戻って欲しいな・・・。



私が住んでる約60世帯の村も

10年後、どうなってるんかな・・・?


そうそう
播磨地域のカエルは凄く減少してるらしい

理由は、温暖化の影響で
田植え時期が遅くなり田んぼに水が入るのが遅いのと
田んぼの中干し期間が、早くなったのと、その頃のオタマジャクシが駄目になっちゃう事が原因らしい

自然界は、正直ですね。
posted by 嶋津 眞治 at 22:00| 日記
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ