1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2020年01月10日

姫路仏壇のとあるお店へ。


毎年この時期
とある協会の表彰状を制作させていただいてます。

今日は
納品日

姫路にある個人の仏壇屋さんへ。

姫路にある小さな仏壇屋さんは

塗師さんとか彫刻師さんとか木地師さんとか
・・・仏壇を製作する過程の
それぞれの職人さんが経営者さんの場合が多いです。

仏壇が売れない時代
個人店さんは大変な時代かも

でも
そんな職人技をお持ちの匠は今。

訪れたお店から少し離れた仕事場では

仏壇じゃ無く

大きな屋台の屋根がありました
何ヶ月もかかる
漆塗りの最中
(写真は、控えておきます。)

そーいえば
昨年も
漆に弱かったら入って来たらあかんで!
と注意していただいた覚え。

姫路仏壇は売れない時代ですが
今では
その技術が
姫路界隈の屋台や神輿に
必要とされてる時代みたいですね。

ほんまもんの職人さん達の技術は
応用で
いつの時代も需要がありそうですよね

羨ましい。



そんなこんなで

商店街などでも
このお店、こんな商売で
大丈夫?と感じる事があるのですが

調べてみると
特別な職種や
どこどこの企業や団体や学校などに特化されてる

地味に見えるけど
お前らに心配されたく無い
みたいな
そんなお店が多いですよね

羨ましい・・・。

職人さんも商売人さんも
極めて頼られるのが一番

ネット世界もリアル店舗も
流行りだけを追いかける派手な商売じゃなく

その仕事は専門外です!と断りが、いえるような

流行り以外の
極めた職人、技術、お店であった方が
永続き、繁盛してるみたいですね。

私達もそうありたいな。
posted by 嶋津 眞治 at 21:29| はりまの匠番外編

2019年12月21日

銀細工?を100均グッズで磨いてみた。

とあるカメラマンさんに
撮影をお願いしたら
「磨いてよ、、」といわれたので
100均グッズで磨いてみた。

とある骨董屋さんに
磨いても価値が落ちない事を確かめて
「液体は使うな!100均でええ、その方が趣きがある」
とのアドバイスを鵜呑み。
バフを掛けたい衝動を
ぐっと抑えて、手作業。

何年も前に
初めて行った骨董屋さんで
初めて買った品物。

13F159E5-6055-47A1-A619-5A4C9AF83CA1.jpeg

59F842B6-1A0B-4389-A066-89CDEA51325C.jpeg
1時間後

F5C2D941-A5A7-419F-A74C-9B38FBFCC1F6.jpeg

DC229738-4B92-4DE0-91FF-F0D00381C8CA.jpeg

AA2A60A7-8258-4065-BB9B-1F867E9D070B.jpeg

5時間後

梅都という刻印。

2BBA8220-DC0B-48B9-B79D-3DA215AFF572.jpeg

100均で手に入れた2種類のグッズ
各5袋づつ使用。


匠の仕事は
手作業で輝きを復活
それが流儀

ただ

今日は
ここまで。
posted by 嶋津 眞治 at 18:56| はりまの匠番外編

2019年10月07日

飾り金具師さんの兜

3F188254-9B8E-47E0-95F2-B30AA2B4C839.jpeg

歌を作ったり
絵を描いたり
地域貢献されたり

遊び心いっぱいの匠

飾り金具師
谷口製作所さんの

帽子タイプかな。

こんなん完成したと
御来社いただきました。

私は留守をしていたので
写真だけいただきました。
posted by 嶋津 眞治 at 20:30| はりまの匠番外編

2019年07月09日

匠の技、手元仕事を動画撮影。

331E7DD2-1E6C-4631-9806-9AE08286EEFF.jpeg

職人さんの手元仕事を
一眼レフカメラを使い


どアップで
動画撮影。

はりまの匠の取材を始めた頃
世間はリーマンショックやらで不景気。

職が無い人とか
引きこもりの人とか

職人さん仕事の手業を

動画で撮影記録する新しい価値観のお弟子さんも
アリかと考えてた。


今日は
有名な
とある業種の職人さん

匠から

そんな大切な仕事を依頼されてた日。



あの時
スポンサーを付けてでも
もっと踏み込んで取り組んでおけばよかったと
ちと
反省。

あの取り組みがあったから

今日の仕事が出来たと


感謝。

プラス
マイナス
行ったり来たりで
前に進む!
posted by 嶋津 眞治 at 20:54| はりまの匠番外編

2019年06月11日

匠のイベント案内


弊社も
私も携わってないですが

姫路市書写の里・美術工芸館さんの

はりまの匠イベント


播磨に息づく匠の技
6月8日〜7月15日

詳しくは、公式サイトにて

7F5F7C10-A05B-4472-9DC8-9B5E35F9ECA7.jpeg
http://www.city.himeji.hyogo.jp/kougei/index.html


その次の催事は

BFE98CA5-D6F1-477F-812B-85C58E485873.jpeg
岩合光昭写真展
ねこといぬ


姫路市には
公的な所だけでも

県立歴史博物館、美術館、文学館、書写の里・美術工芸館、姫路科学館、埋蔵文化財センターなどなど


力や予算を掛けている施設が
沢山ある恵まれてる地域

それを利用したり
学びの場所にしたり

するか

しないか



あなた次第

姫路は、姫路は

って

いってる人ほど

自分自身

気づいてないだけ!

行動を起こせてないだけ!
posted by 嶋津 眞治 at 23:35| はりまの匠番外編
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ