1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2021年12月27日

あの筆は誰が製作?今年の漢字は 金 だったけど。

今年の漢字は

金 だったとか。

そんなニュースの中で

私が注目してるのは

あの大筆は、

誰が作ってるんだろう?

という疑問。

記事やニュースや映像には
いろんな見方があるんです!


私目線は

漢字や書いてる人よりも

筆!

たぶん

たぶんですが、
間違ってるかもしれませんが

筆の毛の部分を製作されてるのは

たぶんですが

姫路在住で、
県外に職場がある家系の方の
仕事だと思うのですが
・・・。

仕事人の世界

パーツ、パーツの職人さんの名前は
あまり世間には出ないですね。

はりまの匠

ある時で
とまっちゃいましたが

とある方から
大筆を製作される職人さんがいると聞いて

次は
その匠にしようと
数ヶ月以上
仕事の空いてる時間に
調査した覚え。

その時は
繋がる事が出来ませんでしたが

何年も経った
今年
巡り会うことが出来ました。

そんなこんなで

工業や産業
いろんなパーツの業界でいうと
そんな
職人さんの名前は、世に出ないですね。

播磨地方に関係する業界でいうと

例えば

世界的に有名な野球選手の
グローブ職人さんや
靴職人さんは有名ですが

その革を製作している方々は
名前の出ない
裏方さんですもんね。

日本のプロ野球の公認球の革も

製作されてるのは

たぶん
まだ
播磨地方だとおもいます。

私がサッカー少年の頃

本革の公認球や
バレーボールの公認球の革も
播磨地方の革だった記憶。

何年も前
姫信さんの発行されてる小学生の詩集に

お爺ちゃんの仕事・・・として
表現されてた記憶。

アナログ媒体経由の記憶の刷り込み力は

書籍や小説や
映画とかと一緒で

直ぐに
更新されて
消費者が
どれが正しいのか判断できなく
忘れちゃう
Web媒体やニュースよりも

きっと
凄い刷り込み力がありますよね!


世間の仕事を支えてるのは
世界どこでも
名前に出ない
職人さん
裏方さんの力!
posted by 嶋津 眞治 at 22:07| はりまの匠番外編

2021年11月30日

姫路城カレンダーを持って、はりまの匠の工房へ。

はりまの匠で
取材させていただいた職人さんの工房へ。

鬼師の安川さんは
相変わらずお忙しいとか
また、大作に挑み中。

宮殿師の奥居さんも
お元気で、こないだ集金にも来ていただきました。

弓師の迫さんは
忙しすぎるぐらい
工房のある
上郡のふるさと納税の返礼品に
高級弓が採用されたらしいです。

彫師の大西さんにも久々にお会いできました。

鞘師の前田さんは
今年の1月25日没とか

周り回って
情報は耳にしてましたが・・・。
最初は
怖かったですが
お会いしたら返してもらえない
お話するのが
一番楽しいかったですね。

スマホには
2014年2月22日
カンナの刃を研ぐ
短い動画が残っています。

くりもの師の山名さんの作
カタツムリが
私の待ち受け画面です。

合掌
posted by 嶋津 眞治 at 21:56| はりまの匠番外編

2021年10月27日

懐かしい8mm映像の姫路

懐かしい8mm映像の姫路のモノレールや
姫路駒など
姫路の懐かしいの風景や
龍野や
新舞子のあの場所や?
鳥取や萩の日本海側の映像や


70年代の動画を紹介する
YouTubeに偶然出会いました。

私と縁ある場所がたくさん。



取材も
構成も
撮影も
編集も

時間だけじゃ無く
年数も月日も掛けて作られた
丁寧なお仕事に感動です。


クレジットから
後藤フィルムというらしい。
posted by 嶋津 眞治 at 23:34| はりまの匠番外編

2021年10月19日

地域の伝統や文化が富裕層向けのツアーになる時代。

道中
久々に弓師さんとこに

今度
神姫バスが来るんや!

呑気なお答え

聞いてみると
神姫バスさんの富裕層向けツアー
真結
のツアーとか。

凄い!
ツアー料も凄い!

B38CC941-77BC-4C0C-B7CA-240742D1091C.jpeg

https://yui-shinkibus.com/tour/0359-2103/
神姫バスさんの公式サイト

地域の伝統文化や
職人さんが
富裕層の観光と結びつく時代みたいですね。

そんなこんなで

メインの工房がある


上郡町さん
(若い方を集めてるのは
上郡高校の農業土木課とここかな?)

大手さんに企画をもっていかれるのじゃなく

目の付け所を変えて

地方独自の路線で

ぜひぜひ
取り組んでください。

後から
大手さんが
くっついて来た!

その方が

地方優先の
独自の取り組みが

きっと
出来ると考えるのですが。

そんなこんなで

弊社の創業
設立目的には

広告や
グラフィックデザインだけじゃ無く

観光事業の企画開発という項目が
ありますよね。





posted by 嶋津 眞治 at 21:34| はりまの匠番外編

2021年09月27日

緊急事態宣言も解除されるみたいなので・・・


昨年

岡山は
奉還町にある同業者?さまの取り組みを知り

私が取り組みたかった事業を成立されてる
事に感銘して


勉強させていただきたいと
考え続けていた案件


解除後は
動いてみたいな。


コロナ禍があったから
知った案件

コロナ禍だから
いろんなお偉いさんに紹介したけど
岡山へ
動けなかった案件

政府主導のデジタル化やら
経済団体の
継承の為の
早期退職や
40歳、45歳定年制やら
リストラやら

みんなは忘れてますが
経済関係が大きく変わった
リーマンショックの頃
(たぶん、バブル後の頃もそうだってんでしょうね。)

そんな経済の転換期には
同じような動きがありますよね。


そんな
随分前

地元姫路周辺で
取り組みたかった案件。

巻き込んでしまってる若者もいるので

勉強させていただいて

再チャレンジしたいな。

そんなこんなで

とある職人さんの工房を訪ねた時
木製の
干瓢剥き機を持ってったら

それ何?と
散歩中の
年配の方から声を掛けられました。

説明すると
感動していただけましたが

その後は

株の買い方とかチャートの作り方とか
儲けた資金の回し方とか

途中で切り上げて
車に乗り込みましたが・・・。

そーいえば

今朝
歩道から車道に出てから
後方確認をする
同方向に進む年配の自転車の方と

事故になりそうになりましたね。
予知できたので
大事になりませんでしたが。

なんか
みんな
病んどるね。

こんな時代は

若者の考え方だけじゃなく
超大先輩の方々から
マナーやルール
考え方や生き方
経験なども

教わりたいな。

緊急事態宣言も解除されるみたいなので
動いてみよう。
posted by 嶋津 眞治 at 22:21| はりまの匠番外編
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ