1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2018年06月14日

宮殿師さんが忙しそう。

IMG_1406.JPG

宮殿師の奥居さん
http://harima-takumi.mass-b.co.jp/category/2926325-1.html
が珍しく忙しそう

「作り方を忘れそうや・・・」といわれてましたが
製作依頼が重なったらしい。

姫路工業の生徒さんも
週に1回 ミニ屋台の製作に工房に集まるとか
授業の一環らしい

職人さんが忙しくなる事は
ほんとに良い事です。
posted by 嶋津 眞治 at 18:23| はりまの匠番外編

2018年02月24日

香川の青年は、3年目へ。

9CA44DB0-1D61-479E-8C0E-5A041C0A4EC8.jpeg
最終土曜日午後は、
職人さん巡りを再開

弊社『はりまの匠』で紹介している『弓師 』さんをみて

高卒後
弓師を目指して播磨竹善 迫(はざま)さんに弟子入りした香川から来た青年


丸2年が経ちました。
この1月に成人式だったんだとか。

もう
雰囲気や所作は立派な弓づくり職人さん。


ここでは
お弟子さんといっても

生計は、
アルバイトをしながら立て
毎日、工房に通い
弓づくりや所作を学んでいる

いわばリアル専修大学校の生徒さん

弓師としての技術と
社会での
生き方を学んでいる。

迫さんにとっては
弓の研究、弓づくりに取り組む
仲間を増やす活動かな。


大学や専門学校じゃなく
会社務めじゃない

そんな道を選択したような青年に対しても

奨学金や奨励金、就業給付金が必要じゃないのかな・・・

様々な
日本の伝統工芸、職人技の継承の為にも。
posted by 嶋津 眞治 at 18:32| はりまの匠番外編

2017年11月20日

姫路の逸品ちーん。

3B6ED908-8E24-46FB-86CA-94059FC12DA1.jpeg

明珍さんのチタンのおりん

このサイズは
税別70,000円

明るい音が響きます

ちぃ〜ん〜

posted by 嶋津 眞治 at 21:13| はりまの匠番外編

2017年11月17日

久々に鬼師さん

2017111714400000.jpg2017111714470000.jpg2017111714460000.jpg

久々に工房を訪問

明治時代に
姫路は、龍野町にあった大古瀬さんという瓦師さんの姫路城のとある櫓のシャチ瓦を復刻中とか

焼いたら縮むので
1割大きく製作

オリジナルは自由に創作出来るけど復元はより難しそう。

昔の物は、髭があったりヒレが四枚だったり二枚だったり鯰みたいだったり鱗の数や後付けの飾りなど製作者さんの創作が自由だったみたいですが

復元は、ある物をより忠実に製作するみたい

それが
鬼師さんの技
posted by 嶋津 眞治 at 22:32| はりまの匠番外編

2017年11月08日

今日の仕事場

2017110810220000.jpg

職人さんの仕事場には
憧れがあります。


そんなこんなで


チタンも焼くと赤くなる。
posted by 嶋津 眞治 at 21:16| はりまの匠番外編
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ