1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2023年03月15日

手まわし干瓢むき機2023バージョン

EE77BABC-5435-406B-A7E5-19EE28EC052F.jpeg
本年最初の手まわし干瓢むき機を納品
発送用の梱包がしやすいように
一部組み立てていただく2023年バージョン。
税別35000円
(税込38500円)

いつもは県外からの依頼が多いのですが
今回の依頼者さんは
稲美町の方だったので
直接納品
現場で組み立て。

そんなこんなで

この木製の手まわし干瓢むき機は
相生市の野瀬地域で使用されている
古い道具を参考にさせていただき

宮殿師の奥居さんに
http://harima-takumi.mass-b.co.jp/article/78315615.html
本職仕事が暇な時に
復刻していただいております。

シーズン前に
ご準備をおすすめします。
posted by 嶋津 眞治 at 19:00| はりまの匠番外編

2023年03月11日

若き仏師さんにお会いできた日。

1B6C4B7C-8145-4769-BDB1-173EE49B8291.jpeg
沖縄出身の若き仏師さんに
お会いできた日

同じ
たつの市に在住。


色々
もっと知りたいな。
posted by 嶋津 眞治 at 19:38| はりまの匠番外編

2023年03月07日

四国の弓師さんが、東京に進出してたとか。

姫路で修行されて
地元の四国は香川で工房を開いた弓師さん
https://www.facebook.com/profile.php?id=100023979243916

1月末
東京に行ってたとか
wood collection モクコレ2023
https://www.mokucolle.com/jp

そんなこんなで

今日
取材現場で岡山の山間部出身の営業さんと
名刺交換

珍しいお名前

平家のゆかりの方とか。

posted by 嶋津 眞治 at 22:50| はりまの匠番外編

2023年02月28日

宮殿師さんの遊び

宮殿師
奥居さんの遊びの世界

C4764116-08CE-448A-B1AD-D1EFAB84781E.jpeg
お雛さま

日本の伝統工芸の職人さん達は
凄い技術をお持ちなのに
いかされききってない業界

日本だけじゃなく
世界のクリエイターさん達と組んだら
もっと必要とされて
凄い事になるような予感。

世界のクリエイターさん達
×
日本の伝統工芸の職人さん達の技術

そんなコラボや
組み合わせが
面白いのかも。

今なら
まだまだ
間に合いそう。

誰がするのかが
課題かな。
posted by 嶋津 眞治 at 22:24| はりまの匠番外編

2023年02月18日

数十年ぶりに、『めんずくらぶ』に行って来ました。

岡山は
備前長船にある刀剣博物館の企画展に
興味があったので

1CD4C347-76C2-4F06-BF3B-FB1963CEE6F3.jpeg
岡山は
備前長船
刀剣博物館へ。


そんなこんなで

18歳の頃
はじめて一人暮らしをした

学生アパートという名の

お爺さんが住んでた
ぼろアパート

その1階だけは

私が入居したのと同じ時期に開業された

こ綺麗な

めんずくらぶ

という

ご夫婦で営まれてた
理髪店でした。

入居のご挨拶のあと

ご自宅のマンションにご招待いただき

当時は、入手困難な

下町のナポレオン

いいちこ

ご馳走になった記憶。

いつの頃か

岡山のお店を

出身地の長船に移されたとの情報を
過去に聞いていたので

長船を訪問するついでに
ネットで調べてみたら
同じ店名が直ぐにみつかりました。


F08CE64B-662A-4A50-872D-D57C87964D23.jpeg
お店の扉を開いたら
懐かしいお二人のお顔。

散髪をしてしまったら

月一回、通ってる散髪屋さんに
浮気が
バレるので
顔剃りだけを依頼。

入店して
マスクを外して
名前を名乗ったら
「あの大学生」と
覚えていただいてました。

想い出の繋がりって
ほんと
嬉しくて
大切ですよね。


そんな

すっきりした
めんずくらぶ
での
土曜日。

そうそう
当時の岡山時代からのお客様も
あるらしくて
交通費がわりにと

今でも
料金は、当時のままの
散髪代は、2800円。

稲作も兼業されているとかで
70歳を超えた今

毎週
月曜日
火曜日

連休で
お休みとか。


岡山で
安くて
技術も
心もすっきり
満足の
散髪をしたいなら

長船の
めんずくらぶ

おすすめ。

YouTubeとかでも人気の
ドライブイン
大阪屋さんからも
近いです。

想い出の世界って
何十年も時が経っても

すぐに
その年代に戻してくれる
タイムトラベル。
posted by 嶋津 眞治 at 22:43| はりまの匠番外編
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ