1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2018年10月15日

宮殿師さんのイヤリング

3DF48CDA-0419-4F49-8F26-0A8054862D73.jpeg

イヤリング


本職じゃなく
アートな世界

8BB07FCE-C0A8-44CB-9E09-958AAE4491EB.jpeg

雪の結晶
コースターにもなるのかな・・・

みる目がある人がみたら
凄い技術がつまってるのが分かる筈


他にも
技術をいかしたアートがたくさん

そろそろ
個展が開催出来そうですね。

月旅行もいいですが
こんな業界の職人さん達に仕事を発注して欲しいな・・・。



これが

82779262-5935-4708-AF3E-B796F4C1279E.jpeg
宮殿(くうでん)

こんな大きな宮殿が入る立派な仏壇は

今は
少ないみたいですね。

昨年
とある場所で見た
大きな仏壇の宮殿は
奥居さんの作じゃなかったです。

もったいなくて、残念。


934A019A-1C6B-4BD7-8129-9795B27AB8F1.jpeg
本格ミニ屋台も
(ほんまもんです)


宮殿師

姫路では
屋根師ともいう。


所が変われば、
当て字で空殿師とも。


詳しくは

はりまの匠 宮殿師
http://harima-takumi.mass-b.co.jp/category/2926325-1.html

島内さんの過去ブログにも
https://haruphoto.exblog.jp/16776450/


そんなこんなで
話しは、変わって

とあるとってもコアな業界の
失敗出来ないコアな職人さんの言葉

私が
「あの仕事、やりはりました?」と聞くと


「俺、実は、高いんやで」
「素人の仕事は、絶対せん!プロの奴しか相手にせん!プロ専門(笑)」

との言葉

裏返せば
その仕事は、俺はしてないよ
との返答

なんか
カッコいい言葉。


その端境で
たぶん
私達は、悩んでますね。

posted by 嶋津 眞治 at 21:00| はりまの匠番外編

2018年09月15日

香りは、語ってくれる。

45AD00B3-85C3-415A-A188-E0A531EB879E.jpeg
飾磨の恵美酒宮天満神社の近くにある提灯屋さん


7CAD97C1-6CDD-4A67-8A5A-887A14EDB08A.jpeg
本日は、色鮮やかな提灯を製作されてました。

その昔
祭日に各家々が入り口まわりに幕を飾ってたのが、提灯にまとめられた図柄なんだとか・・・。


提灯の筆色

特殊な形の墨を潰して磨る
膠を混ぜて生まれる色は

艶のある深く濃い黒


墨のよい香を聞く

香り、色は、
仕事を語ってくれる。


一年のうちに使うのは、

2〜3日

ちゃんと使って
保管すれば、20年は持つ。
一家に一張りある時代じゃない今

個人的には
もっと高くてもいいのになと感じます。


これからの時代

桐箱に入って納められるので、お祝い事の贈り物や海外へのお土産にいいかもね。
posted by 嶋津 眞治 at 21:05| はりまの匠番外編

2018年06月25日

職人さんの道具バンク


伝統工芸とか地場産業とか

職人さんの仕事と道具を
承継、継承してもらうような

道具バンクって出来ないかなー。

道具を手に入れた人が転売するんじゃなくて

想いも繋いでくれるような・・・

UターンとかIターンとか移住を利用して。

そんなこんなで

09619D21-142E-435E-9828-BE30A3B5D07E.jpeg
会社近くの川

沢山のアカミミガメに混じって

随分前に見た

スッポンが

まだ、いてました。

歩いてみるもんだ。
posted by 嶋津 眞治 at 21:18| はりまの匠番外編

2018年06月14日

宮殿師さんが忙しそう。

IMG_1406.JPG

宮殿師の奥居さん
http://harima-takumi.mass-b.co.jp/category/2926325-1.html
が珍しく忙しそう

「作り方を忘れそうや・・・」といわれてましたが
製作依頼が重なったらしい。

姫路工業の生徒さんも
週に1回 ミニ屋台の製作に工房に集まるとか
授業の一環らしい

職人さんが忙しくなる事は
ほんとに良い事です。
posted by 嶋津 眞治 at 18:23| はりまの匠番外編

2018年02月24日

香川の青年は、3年目へ。

9CA44DB0-1D61-479E-8C0E-5A041C0A4EC8.jpeg
最終土曜日午後は、
職人さん巡りを再開

弊社『はりまの匠』で紹介している『弓師 』さんをみて

高卒後
弓師を目指して播磨竹善 迫(はざま)さんに弟子入りした香川から来た青年


丸2年が経ちました。
この1月に成人式だったんだとか。

もう
雰囲気や所作は立派な弓づくり職人さん。


ここでは
お弟子さんといっても

生計は、
アルバイトをしながら立て
毎日、工房に通い
弓づくりや所作を学んでいる

いわばリアル専修大学校の生徒さん

弓師としての技術と
社会での
生き方を学んでいる。

迫さんにとっては
弓の研究、弓づくりに取り組む
仲間を増やす活動かな。


大学や専門学校じゃなく
会社務めじゃない

そんな道を選択したような青年に対しても

奨学金や奨励金、就業給付金が必要じゃないのかな・・・

様々な
日本の伝統工芸、職人技の継承の為にも。
posted by 嶋津 眞治 at 18:32| はりまの匠番外編
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ