1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2021年12月12日

情報によりますとカニが不漁とか。

兵庫県には

南に瀬戸内海

北に日本海。

カニといっても

たくさんですが

この時期

北の日本海では
ズワイガニにシーズン

ですが

不漁とか。

色々
調べてみると

世界のカニは

このシーズン
アメリカとか中国の商社に競り負けて

またまた高値で
外食産業さんは苦労されてんだとか。

国内では

お隣の鳥取県などでは

水揚げは減少しているけど

その分、競り値が上がって
売り上げは上昇とか。

ガソリンとかと
一緒ですね。


カニは蟹でも

瀬戸内海のワタリガニも

また不漁で高騰とか。

小さいな頃は
シャコやシラサエビ、アナゴ、ワタリガニ、石蟹は

お腹をすかして帰宅したら
サツマイモを蒸したのとかと
一緒で

テーブルの上に置いてある
そのシーズンのおやつ替わりでしたが
・・・。

穴子の口には
ハエ縄の釣り針が
そのまま残ってましたが

小さな頃は
それが当たり前だと感じてました。

今では
クレームをいう方々が
たくさんなのでしょうが

そんなこともある!
だから
安くて美味しい地産地消
そんな感じ。

アサリもそう
潮目が合う日は
お爺ちゃんのバイクの後に乗って
新舞子まで。

今では

地元で穫れてたアサリが少なくなって

養殖されたアサリが
ブランド化。

地産地消?

そんな感じでしたが

今では
そんな名前をあげた

全てが
高級食材とか。

ただ
蟹はカニでも

今までいなかったノコギリガザミが

時々
獲れるとか。

調べてみると

数年前から
浜名湖方面では
ノコギリガザミが豊漁とか。
愛知や
知多半島付近では
ワタリガニが豊漁とか。

宮城県方面では
震災後
ワタリガニの水揚げが急激に増えてるとか。

獲りすぎも問題ですが

海流の温暖化なども問題ですが
もっと違った問題もありそうですよね。

地産地消
食材も
生活も
商売も

小さなエリアで完結する

そうである方が

上手くいきそうですが

経済のいろんな問題が絡めば
そうじゃなくなる。


いろんな
人間関係で
難しい問題が
発生しますよね

何が
正しい時代なんでしょうね。
posted by 嶋津 眞治 at 21:24| 日記
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ