1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2021年12月31日

新しい年が近いですが。

コロナ禍の影響以来

今年も

会いたいけど
会えてない方が数名

訪れることが出来てない場所が
数カ所

やりたい事も

やりゃなきゃいけない事も

まだまだ
たくさんありますが





posted by 嶋津 眞治 at 18:56| 日記

2021年12月30日

姫路城カレンダー2022

表紙.png

恒例の姫路城カレンダー2022

販売中です!

ぜひぜひ
元日の姫路城でもお買い求めください。

税込
1100円

posted by 嶋津 眞治 at 22:54| 姫路城カレンダー

2021年12月29日

今日29日と明日30日は、姫路城は休城です!

771D999E-46E3-497B-BC65-035095D82E8E.jpeg

姫路城は
今日と明日は、休城日。

年始に目標とした

年50回登城を達成
52回目を目指してみましたが
お休みでした。

なので
記録は51回。

明日朝が
仕事納めになりそうです。


posted by 嶋津 眞治 at 18:01| 姫路城カレンダー

2021年12月28日

大変な時は、大きく変わるチャンス!

言葉は
ひとを動かす!

広告とコピーの教室

お溝筋をお借りしての卒業展の時
その頃から
弊社に掛けてあるタペストリー。

そんな頃から
商店街さま仕事が増えました。

コピーライターさんの仕事って
言葉って

迷った
その時々に
ふと
心に届きますよね。

過去仕事ですが



そんなタペストリーをみて

大変な時こそ

大きく変わる時!

そんな下手な言葉しか

おもい浮かびません。

そんなこんなで

何年も
コンビニで、毎月購入してる
歴史コミックのとあるページより引用した言葉

人は複雑で厄介なもの故
すべてを受け入れるのは難しいが

人生は
楽しかったことだけを
覚えておけばよい!

そんなこんなで

スマホの待ち受け画面にしている

はりまの匠で紹介している

亡くなった
くりもの師の山名さんの作品
カタツムリのように

取材をした時
教わったように

振り向くけど
前進あるのみ!

置いていた過去の手帳とかを
全てシュレッターにかけました。

本日
紙回収ボックスに行った時

デスクスケジュール手帳が何年分も
そのまま廃棄されていました。

こんなのもありなんやと感じて。

書きとめた
覚えておきたい言葉もみえましたが
私は
過去手帳をシュレッター。

大変な年

新しい年が来る

そんな
年に

大きく変わる為に!



明日は
過去仕事のファイルを整理してみよう。

こんな時は
過去実績仕事は関係ない!

こんな時は
前進あるのみ!

みんなで

古い方の業界では
みたことの無い

想いを大切して
経済環境にもチャレンジして

自分達の
得意な
仕事に取り組む

そんな
次の時代へ

経済だけじゃなく

想いを大切にして
私達の取り組みを加味してやただいて

なんやかんや私の想いも
取り入れていただく

そんな世界に

みんなで
行こうぜ!
posted by 嶋津 眞治 at 20:37| 日記

2021年12月27日

あの筆は誰が製作?今年の漢字は 金 だったけど。

今年の漢字は

金 だったとか。

そんなニュースの中で

私が注目してるのは

あの大筆は、

誰が作ってるんだろう?

という疑問。

記事やニュースや映像には
いろんな見方があるんです!


私目線は

漢字や書いてる人よりも

筆!

たぶん

たぶんですが、
間違ってるかもしれませんが

筆の毛の部分を製作されてるのは

たぶんですが

姫路在住で、
県外に職場がある家系の方の
仕事だと思うのですが
・・・。

仕事人の世界

パーツ、パーツの職人さんの名前は
あまり世間には出ないですね。

はりまの匠

ある時で
とまっちゃいましたが

とある方から
大筆を製作される職人さんがいると聞いて

次は
その匠にしようと
数ヶ月以上
仕事の空いてる時間に
調査した覚え。

その時は
繋がる事が出来ませんでしたが

何年も経った
今年
巡り会うことが出来ました。

そんなこんなで

工業や産業
いろんなパーツの業界でいうと
そんな
職人さんの名前は、世に出ないですね。

播磨地方に関係する業界でいうと

例えば

世界的に有名な野球選手の
グローブ職人さんや
靴職人さんは有名ですが

その革を製作している方々は
名前の出ない
裏方さんですもんね。

日本のプロ野球の公認球の革も

製作されてるのは

たぶん
まだ
播磨地方だとおもいます。

私がサッカー少年の頃

本革の公認球や
バレーボールの公認球の革も
播磨地方の革だった記憶。

何年も前
姫信さんの発行されてる小学生の詩集に

お爺ちゃんの仕事・・・として
表現されてた記憶。

アナログ媒体経由の記憶の刷り込み力は

書籍や小説や
映画とかと一緒で

直ぐに
更新されて
消費者が
どれが正しいのか判断できなく
忘れちゃう
Web媒体やニュースよりも

きっと
凄い刷り込み力がありますよね!


世間の仕事を支えてるのは
世界どこでも
名前に出ない
職人さん
裏方さんの力!
posted by 嶋津 眞治 at 22:07| はりまの匠番外編
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ