1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2020年09月22日

いろんな地方紙Webを読んで、今を知る。

シルバーウィークとかなんで

地方紙のWeb記事を読んでみる

ほのぼのとかした
人の繋がりの記事も多いですが

急激な過疎化や高齢化

空き家問題や墓じまい問題
その他にも
地方独自な
いろんな問題も。

2025問題

中小企業では黒字であっても
継承者のいない企業は大変になる。

地方の
商店や歴史のある店舗や
地方独自の伝統的なお店など
もっと大変な事になるという問題

8050問題

8020運動は

歯科医さん達の80歳で自分の歯を20本以上との
提唱ですが

8050問題は

80歳代の親が
働いてない50歳代の子供達を面倒をみている問題

逆に
仕事よりも親の介護を優先選択する事もある年代。


子供部屋男子女子

ちゃんと職を持って働いてるのに
家族から独立せず

地方自治とかにも参加せず

面倒な付き合いや地方での活動や
大変なことは
親に任せて

慣れ親しんだ

子供部屋でそのまま

ずーっと
生活している人達。



家の承継問題。

綺麗事が目に付く時代ですが

日本には
地方には

いろんな
なんとか問題があるようです。

5年後
10年後
20年後

地方は
どうなってるんだろう?


中途半端に生活や収入があり

なんとかなってしまってる地方や
そんな方々より



直面している問題に

綺麗事の主張だけじゃなく

真正面から取り組んでいる
地方や
そんな方々が

将来は、
こんな時代を
生き抜いた地域、方々なんでしょうね。

とあるデータによると

神戸市より
姫路市の寿命の方が長いとか
姫路市より長い寿命の地域は
たくさん。


そんなこんなで

私が住んでる
60数軒の村でも

私が小さいころ
駄菓子屋さんや電気屋さん
ペンキ屋さんや大工さん
建具屋さんや
ガソリンなど燃料屋さんや
畳屋さんや左官屋さん
豆腐屋さんや卵屋さん
・・・
いろんなフリーランスの方々が
いらっしゃいました。

会社を経営していますが
これからの時代は地方では

想いを繋ぐフリーランスの方々の方が
より魅力的な活動が出来そうな気がして・・・。


そんな村や町の自治
経済が
地方から全国に
世界に

村の取組や
村の自慢として

今は
また
PR出来る時なんでしょうね。


時代や経済の価値観は

人の繋がりは

巡ります。

posted by 嶋津 眞治 at 19:42| 日記
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ