1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2020年04月11日

ジャコウアゲハが舞い始めました。

05F2B343-B498-48D5-920E-487E87762B7D.jpeg
墓地周辺では、姫路市の市蝶
池田氏の家紋
ジャコウアゲハが舞い始めました。

小さい頃より
私にとっては、墓地に舞ってる不気味な蝶(笑)

この辺りにいるのは、ウマノツユクサの群生地があるから。

理由が分かれば
護りたくなるもの
誉にするのも

それが田舎文化

こんな事は
週末にお墓参りやお宮参りをしている証拠。

こんな時代は

噂話なんかより
目指す場所の真実が欲しいですね。

人間界をよそ目に
自然界は前進しています。

そんなこんなで

コロナ禍の週末
テレビやラジオ、喋り言葉では耳にしませんが
新聞やウェブ関係のニュースでよくみる
文字表現のコロナ禍(コロナか)
違う表現は無いのかな・・・。

私も
もう何週目になるんだろう?

野良仕事して
出掛ける所は
ホームセンターとコンビニとドライブ花見。
今日は畑とコンビニ。

1人暮らしが増えてる
60軒程の村でも
村の総会もクリーン作戦も中止

親の世代が亡くなったら
そんな
将来

1人暮らしがもっと増えそうな村ですが

野良仕事をしてると

「野良仕事も注意されるかもしれないと思いながら、している」とか

「今年の田植えも出来ないかも?」との話

んな事あるかい!とツッコミながら

考えてみると

自分自身がそうなら
残念ながら
そう
2週間遅れかな。


そんな事を考えると

2週間遅れ

今となっては
その方が
地球のサイクルと帳尻が
合うのかもね・・・。

そう考えると
自然災害や温暖化や今回のコロナ騒動って恐ろしい。

地球環境に合わせる為に
アナログ時代は
百姓一揆などで帳尻が合ってたのかな。

全て
地球の仕業かな?

この時期
私を含め
人の数だけの価値観があり
人口の数だけの評論家がいる時代。


そんな
みんなの心が
ささくれだってる時代ですが

こんな時ほど

平常心の鍛錬が必要

心をビルドアップして
次に備える時代。

田舎で住む人ほど
個人じゃなく
結果的に
みんなで生きてるんですから。

心の付き合いが一番大事。

25F8EF5C-29C4-4697-8C0D-F949AA6158E6.jpeg
おもってたより桜の開花は遅くて
春冷えの日があったので
まだまだ花が残っていますが
人影が少ない春。


寒い冬をしのいで
新しい年を迎えるこの時期

ほんとは
じっとしとけない日本人の季節ですが

今が
頑張り時!
posted by 嶋津 眞治 at 18:22| 野良仕事&スローライフな日
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ