1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2018年04月11日

時代も企業もブーメラン。


昨日
大企業に就職が決まった大卒の若者から


「私の30年後のキャリアは、どうなるんでしよう?・・・」という話があったと聞いた



本日
とある企業さんから


「この会社にいても30年後がみえない」との理由で、

若手が辞めていったとの話を聞いた


20歳台の若手の方々からしたら


働いてる企業や回りの50歳代〜の方々を


みて、感じて、そう考えてるのかな・・・


そんな相談が私にあっても
「30年後は、自分で創るもの」みたいな綺麗事しか話せませんが・・・。


ただ
30年後より
今は、日本の中小企業が大変です。



特許をとったり
アイデアや大幅な自動化で

人件費を抑え、経営しても

でも最後は
やっぱり人勝負

人が大切!みたい。

とある記事

経済産業省によると





中小企業の経営者さんの年齢分布は


この20年で


46歳から66歳へ高齢化してるんだとか


経営者が60歳以上で


後継者の決まっていない中小企業は


日本企業の三分の一にあたる


127万社


後継者が決まらず


黒字のまま廃業される企業もたくさんなんだとか


廃業よりも

技術を残す方法
設備やノウハウ、従業員を譲渡して、商品供給網の分断をなくす


培った技術を残す事業承継、継承の方が大切で正解


私達世代は、そう考えてしまいますが・・・。


そんなこんなで


中小企業の経営は

いろんな覚悟がないとやれません

いろんな
覚悟があるから
楽しめます!


ぜひぜひ
そんな企業さんで働かれてる方々は、

若者は

事業承継にチャレンジしてください!

弊社も
そんな相談があれば、チャレンジしたいですね。



30年後を心配している
若者達の為にもね。



ただ


そんな心配をしなくても

今後は

しがらみの無い業界が産まれて、


ビジネスモデルがどんでん変化して、


新しい企業がどんどん出来て、



日本の中小企業の生き方や

経営者の平均年齢が


超若返ってるかもしれませんよね。


その方が
過去にとらわれない

健康的な社会かもね・・・。

時代も言葉も地方の中小企業もブーメラン。
posted by 嶋津 眞治 at 23:23| 日記
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ