1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2021年07月30日

中干し期間終了

中干し期間終了

夕方
用水路に水が戻って来たみたい。

また
水の音のある暮らし

暑さ凌ぎにも。

今年のこの期間には
雨も降らず
延長もされず
田んぼの土は
適度にひび割れて

中干し期間終了。

先週週末は
田んぼがジュる過ぎて草引きが出来ず。

一度
土が固まったら
水が来ても土に足をとらえないので
この日曜日は、水田の草取り。

中干し期間

働いてる世代には

若い世代には

週末始まりより
週末終わりより

週初め始まり
週初め終わりの

土日が終盤にある方が

田んぼの土が固まって
働きやすいので
また
天候の巡りもあるので

その方がきっと
有り難い。

会社勤めが終わった方々がメインの
地方の兼業農業地域では

若い世代には、厳しい現実。

私は
休耕田をお借りして稲作をしていますが

そりゃ
衰退しますよね。


posted by 嶋津 眞治 at 23:21| 野良仕事&スローライフな日

2021年07月29日

和弓づくりの音、啐啄の機。

啐啄の機
(そったくのき)

そんな言葉の意味を知る若者の背中

高卒後
来春
6年間の修行を終える。

啐啄同時

この春
彼は弓師を名乗る事を許された。

来春
彼は、故郷で工房をもつ。

7741BE81-4E2B-40CA-972E-B21FEF3CF9DA.jpeg

若者達の
和弓づくりの音


弓を打つ音は
また
別の機会に。



posted by 嶋津 眞治 at 21:53| はりまの匠番外編

2021年07月28日

プラモデル組み立て、色付け仕事。

プラモデルの
組み立て、色付け仕事

いつもの販売店さんからの依頼
納期は
お任せ。

A24C94FA-A572-487A-8129-7334C082408A.jpeg
新シリーズが発表されたらしい。

新しい横綱が誕生した月

鬼の土俵入りなんて

インバウンド
オリンピックで
世界から日本に人が動いていれば
店頭でも
自動販売機でも
売れてたでしょうね。

プラモデルの組み立てや
色々付け仕事

こんな職種、仕事は

フィギュアの業界では

フィニッシャーというらしい。

求人サイトをみてみると

様々な依頼で
プラモデルを組み立て、色付けする専門の会社が
大阪にありました。

様々な理由で
家庭に箱のまま眠っている
プラモデルはたくさんあるらしい。

職種
プラモデル製作
時給970円〜5,000円
とか。

需要と供給

いろんな仕事
いろんな会社があるもんですね。

そんなこんなで


いうことで


B6ADD301-AFAD-41D5-8745-A5F90E2D3CFE.jpeg
販売店さんで
展示させていただいてた作品が
プレゼントとして
返却されました

弊社で展示しております。

F崎町様
以前は
なんとか麦麺様の販促を
お手伝いさせていただいておりました。


今は
間接的に色々と絡ませていただいております。

あえて
こんな商品をセレクトして

空港や新幹線の駅で

特産品を
自販機で販売する方法も
ありかもですよ!



posted by 嶋津 眞治 at 21:18| 広告展開にプラス企画情報

2021年07月27日

地方局情報番組の動画サイトってどうですかね。

色々と調べ事をしていたら
地方局さんの情報番組のYouTubeなどに行きつく事があります。

そんな地方局さんの
情報番組の取材コーナーだけが集ったら
面白いかも。

IJU移住とか
定年後Uターンとか
孫ターンとか
ある時代

キー局や
東京だけの情報より

より
親御さんが居てはったり
興味のある
地方局の情報をみたい人もたくさんです。

随分以前
VHS時代
在阪局限定でしたが
マーケティングで
放送された番組を
全て録画されてる企業もありましたもんね。


そんな地方の情報番組の取材コーナーで知った事
山口県は
サザエの水揚げ全国2位

1位は
どこだろう?

長崎
山口
三重の順番とか

2位3位は
入れ替わりが

知れば
そんな事が
知りたくなる。
posted by 嶋津 眞治 at 22:36| 野良仕事&スローライフな日

2021年07月26日

自動販売機で、伝統工芸品が売れてるらしいですが。

知って欲しい日本が
たくさんあった夏

五輪のプレスセンターでは
自動販売機で、日本の伝統工芸品が売れてるらしいとか。

インバウンドの時
姫路城では
冬でも
自販機のアイスクリームが売れてたのと
一緒ですね。

インバウンドブームの時
売れすぎて
値段を上げすぎて
ブームの後
コロナ禍の今
大変な伝統工芸を主とした
地方地域もたくさん。

職人さん曰く
職人仕事は生活に密着しているから
成り立って技術を競い合ってた仕事
そんな時代の骨董品が
古物商界隈では
高い値段がついてたり

厳しい時代も
業界を守っていれば
過去の技術を求められる
復刻とか修理とかで

また
高い技術を求められる。とか。

そんな話を聞いたとか
聞いてないとか。

そんなこんなで

姫路城のアイスクリームの自販機と同じように

地方でも
伝統工芸品と自動販売機の組み合わせは
ありかもしれませんね。

個人的には
そんな職人さんや伝統文化技術を広める為に
他業者、業種さんと繋がる為に
触れ合いの大会であって欲しかったです。
posted by 嶋津 眞治 at 21:20| はりまの匠番外編
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ