1. トップページ >
  2. 社長のブログ
社長のブログ

2020年11月30日

この時期、おすすめの本

コロナ禍をはじめ
大変な時期

9C25A3CA-F3B7-466D-943A-EBA96DAE3925.jpeg

おすすめの本

DB1D7F05-1B64-4FA3-9AD8-51FC57CC5B7E.jpeg

09706E45-C76F-4199-B3A8-8EFFF8BFB74A.jpeg
posted by 嶋津 眞治 at 22:41| 日記

2020年11月29日

地方では新しい価値観が生まれる時。時代は巡るんだと感じます。

53575BE2-4B71-4893-B196-BCCFBEE22A4E.jpeg
種から育てた玉葱の植え付け。
1ヶ月程遅いですが
家に
苗があるから出来る作業。

苗を買って無いので
仕入れも少ないです。


休日農業

考えてみれば
20歳〜30歳代の頃は
一番
嫌ってた事。

今の若者達は
私達が若かった頃とは
また
違うらしい。


田んぼや畑を増やしたいとか。

「最後は、会社辞めないとあかんで」と
忠告したら
それでもいいんだとか。

年収が減っても
会社勤めより
使うお金も少ないし
時間も自由だし
好きだから
たぶん
楽ですと。

同級生のあいつも
どこどこに住むあいつも
・・・

そんな若者たちは

将来
個人で営農的な事にチャレンジしたいと。

そんな若者達の
キーワードは
やらされて無い生き方かな
たぶん
補助金や地域のサポートなんて
必要じゃないし
あったら
それが嫌な世代なんでしょうね。


今の若者にとって
会社勤めは
ほんと大変な時代みたい。

時代の生き方の価値観が違う
65歳から
16歳までが
海外からの助っ人のみなさんが
同じ職場にいてる時代ですもんね。


そんなこんなで

休みの日に
田んぼ仕事をしている
若者が増えました。

これも
コロナ後現象かな。

私はというと
休耕田を借りる交渉役

年寄り達は
過去話が難しい。

管理できてない田圃を
管理したいと名乗り出てくれた若者を
素直に歓迎してくれたらいいのにね。


私達のお爺ちゃんの時代

今は荒れてる里山も

お爺ちゃんが
あそこにいてるなと
みえるぐらい

山も
畑だった

休耕田なんて無い時代。

親達の時代

今では苦情がありそうですが
会社から帰宅して
暗くなっても
ライトをつけて刈り取りや
トラクターが走っていた。

みんな
競いあってるように
兼業をしていた。

私達の世代
買った方が安いから
辞めてしまえと感じて
やらなかった。

荒地や休耕田が増えた。


お爺ちゃん世代の気持ちとは
ちょっと違うかもですが

地方
過疎地域の若者たち発で

そこで産まれて
その場所が好きな
若者たちの間で

労働じゃなく
生き方を競い合って
新しい価値観が
うまれる予感。


今また
地方
地域が面白い。

きっと
時代は巡る。

生き方を競いあうと
表現する事が
古い世代ですよね。
posted by 嶋津 眞治 at 18:43| 野良仕事&スローライフな日

2020年11月28日

姫路城カレンダーを持って。

先週の訪問情報

鬼師さんは
姫路城仕事
凄い古い鬼瓦を復刻中

宮殿師さんは
本職が暇なんで
完成したら
とんでもなく話題になるような作品を
制作中

弓師さんは
この時期恒例の
津山に竹をきりに行かれてました。
四国から来たお弟子さんは
あと2年つとめるとか。

彫師さんも鞘師さんも
覚えていただいてました。

くりもの師さん宅にも。
posted by 嶋津 眞治 at 23:27| はりまの匠番外編

2020年11月27日

リ゜や ム゜に興味あり。

恒例の那覇マラソンがないので
走る練習もしてないし
離島にも行けない冬

今年は
リ゜や ム゜の表記のある島
に魅力を感じてましたけど

行けませんね。

どう読むのだろう?

姫路の水産に詳しくて
沖縄の有人の島は全て巡ったという
あの人にきいてみよう。

そんなこんなで

随分と以前
私が沖縄に行った事がない頃

東京初のヒッチハイカーさんを姫路で乗せたことがある。
目的地は
沖縄とか。


グラフィックデザイナーさんだったので
名刺を渡してたら

クリスマスカードが2〜3年

その当時
求めていた沖縄が無いのでと

毎年
離島に移って行ってましたね。


今は
どーされてるんでしょうかね?

2020年11月26日

最近よく見掛ける車

2CC94FC8-BD4C-451A-AA5E-88B89212B83F.jpeg

最近
営業先で、よく見掛ける車


大変な時期ですが

子供達の為に
姫路の環境の為に
頑張ってください。


会ってみたいな。
posted by 嶋津 眞治 at 21:45| 日記
プロフィール

IMG_プロフィル3.jpg

名前
嶋津眞治
夢想夢走
姫路城マラソン大会を応援しています。
出身地
兵庫県たつの市
自称成功仕掛人
クライアント様のテーマを追求します。
学 歴
龍野西中学校 サッカー部
相生高等学校 サッカー部
岡山商科大学 商学部
週末の過ごし方
アグリカルチャー
12月第1日曜日 開催那覇マラソン(42.195q)毎年出場
サッカーチーム:
ビトーリアFC OB (チームも無いです)
相生ぺーロン:
ログススタッフ
サーフィン:
3年近く、海に行ってません。

姫路商工会議所青年部会員
姫路大手前ライオンズクラブ会員

このページのトップへ